より快適で健康的な生活を送るために不快な症状を適切に和らげるセラピストを育成

menu

エステ・リンパスクールBERILU

様々な難病の方に合った施術を目指すサロン作り

当サロンを、選んで下さるお客様には難病を患っている方が多いのですが、その一つに高安動脈炎という病気があります。

血管の狭窄が起こり、細くなったり、詰まったり、血管としての働きが出来なくなる病気になります。
初期の段階として、発熱や気怠さ、難聴や目眩など、慢性疲労や更年期などとよく似た症状で一般の病院検査では初期段階での発見が難しい病気になります。

重度になると血管が機能しないので、末端に壊死が起こったりして初めて気付く方が多いそうです。

なかなか見落としがちな初期症状なのですが、何かいつもの疲れと違う…と思う時は、こういう病気がある事を思い出して頂いて、早めに然るべき機関にて検査を受けてみるのをオススメします。

また、どんな病気でも、病院での治療期間が終わった後が大変になります。心も体も今までとは違いキツさを感じる事が多いと思いますので、必ず担当医に確認した後、自分に合ったマッサージなど受けられる場所を探すのオススメです。

長い寿命と健康寿命の差が問われる時代、受け入れる側の施術者も、より深く解剖生理学等を学び、一人一人に合った施術を行えるように整えていかなくていけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年4月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930